オフリド地域の自然遺産及び文化遺産

Natural and Cultural Heritage of the Ohrid region

  • アルバニア/北マケドニア
  • 登録年:1979年、1980年重大な変更、2006年名称変更、2009年軽微な変更、2019年重大な変更
  • 登録基準:複合遺産(i)(iii)(iv)(vii)
  • 資産面積:94,728.6ha
  • バッファー・ゾーン:15,944.4ha
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、オフリドの美しい街並み
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、オフリドの美しい街並み
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、オフリド湖と聖ヨヴァン・カネオ聖堂
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、オフリド湖と聖ヨヴァン・カネオ聖堂
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、聖パンティレイモン聖堂
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、聖パンティレイモン聖堂
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、パナギア・ペリブレプトス聖堂のフレスコ画
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、パナギア・ペリブレプトス聖堂のフレスコ画
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、聖ナウム修道院の聖ナウム聖堂
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、聖ナウム修道院の聖ナウム聖堂
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、リン聖堂跡
世界遺産「オフリド地域の自然遺産及び文化遺産」、リン聖堂跡 (C) Pasztilla aka Attila Terbócs

■世界遺産概要

オフリド湖は数百万年の歴史を誇る世界で数少ない古代湖で、養分が極端に少ない貧栄養湖でもあり、こうした特殊な環境から固有種がきわめて多い貴重な生態系を育んでいる。また、ヨーロッパ最古級の人類の居住地で、スラヴ文化の発信地でもあり、フレスコ画(生乾きの漆喰に顔料で描いた絵や模様)と聖画像イコンはビザンツ芸術の至宝だ。このように文化・自然両面で高い価値を誇り、両者が調和した美しい景観を誇る複合遺産である。なお、本遺産は1979年にマケドニアの自然遺産「オフリド湖」として世界遺産登録され、翌1980年に文化遺産としての価値が認められて複合遺産「オフリド地域の文化的・歴史的景観とその自然環境」となった。2006年に現在の名称に変更され、2019年にはアルバニア側に拡張されてトランスバウンダリー・サイト(国境をまたがる遺産)となった。

○資産の歴史

アルバニアと北マケドニア国境に位置するオフリド湖は標高693m・水深288m・周囲90km弱を誇る。通常、湖の寿命は数千~数万年で川から流れ込む土砂で埋め立てられて消滅するが、オフリド湖は200万~300万年の歴史を誇る古代湖だ。流入する大きな川はなく、流出する川もクルンドリン川の1本で環境的に孤立しており、湖水の大半は湧き水を水源としているため透明度が非常に高く、その半面、養分は少ない。こうした特殊な環境と長い歴史がユニークな生態系を育んでおり、固有種の割合が非常に高く、その数は貝類・甲殻類・魚類など200種を超える。また、湖は1年を通じて凍らず、湖畔には湿地も多いため、ダルマチアペリカンやカタシロワシをはじめとする鳥類の貴重な越冬地となっている。

オフリド湖はまた、ヨーロッパ最古級の人類の居住地のひとつでもある。新石器時代から青銅器時代の遺跡が発掘されており、杭上住居(多数の杭を打ってその上に住居を築いた高床建築)の跡が残されている。紀元前12世紀頃にはエンケレ人やイリュリア人が町を築いていた。湖を見下ろす丘にあるサミュエル要塞は10世紀の第1次ブルガリア帝国時代のものだが、そのベースは紀元前4世紀までさかのぼる。ギリシア時代には植民都市リュクドニスとなり、湖はリクニティスと呼ばれた。ローマ時代にはさらにその重要性を増し、都市は拡大した。

3世紀頃からキリスト教が伝わり、6~7世紀にはスラヴ人(南スラヴ人)が入植してスラヴ文化の拠点となった。この時代の代表的な建造物がアルバニアのリン半島にあるリン聖堂で、6世紀半ばの建設と見られる。残っているのは床だけだが、初期キリスト教の貴重なモザイク画(石やガラス・貝殻・磁器・陶器などの小片を貼り合わせて描いた絵や模様)が確認できる。

681年、現在のブルガリアの地でテュルク系(トルコ系)のブルガール人が第1次ブルガリア帝国を建国し、スラヴ人やトラキア人も同化した。864年にキリスト教を採用し、990~1015年の間、オフリドに首都が置かれた。また、ブルガリア総主教区の総主教座が「皇帝の教会」といわれた聖ソフィア聖堂に設置された(後に大主教区に格下げされている)。

また、この時代に派遣されたのが聖クリメントとその兄である聖ナウムで、オフリドを一大文化・宗教センターとして整備した。最古にして最大のスラヴ系修道院が聖ナウム修道院で、中心となるカトリコン(中央聖堂)が聖ナウム聖堂だ。一方、聖クリメントが地元の古い教会堂を再建して築いた最古の大学を持つ修道院が聖クリメント修道院で、中心となるカトリコンが聖パンティレイモン聖堂(聖クリメント・パンティレイモン聖堂)だ。いずれもキリスト教とスラヴ文化の発信拠点となっており、数多くの修道士を育てて各地に輸出した。

11世紀以降はブルガリア帝国、ビザンツ帝国(東ローマ帝国)、セルビア帝国などを行き来するが、この時代にビザンツ芸術は頂点に達し、800以上のビザンツ様式のフレスコ画が描かれた。先に紹介した教会群のフレスコ画もこの時代のものが多い。特にオフリドの聖ソフィア聖堂、パナギア・ペリブレプトス聖堂、聖ヨヴァン・カネオ聖堂に描かれたフレスコ画は評価が高い。

14世紀末にイスラム教を奉じるオスマン帝国がこの地を支配すると、教会はモスクに改装され、モザイク画やフレスコ画は漆喰で塗りつぶされた。このおかげで多くの傑作が破壊や劣化を免れた。18~19世紀にはオスマン様式の石造住宅が築かれ、白壁の建物が密集した独特の街並みが形成された。

○資産の内容

世界遺産の資産はオフリド湖の全域にわたっている。特に自然豊かな北マケドニア側、プレスパ湖との間のエリアはガリツィツァ国立公園として保護されている。また、水源であるプレスパ湖との関係の重要性から、オフリド湖とプレスパ湖はオフリド=プレスパTBR(アルバニア/北マケドニア共通。TBRはトランスバウンダリー・バイオスフィア・リザーブで、国境を超えた生物圏保存地域/ユネスコエコパークを示す)にも登録されている。

文化遺産の主要遺産のひとつとしてリン聖堂跡が挙げられる。アルバニア側・リン半島の丘の上に位置する初期キリスト教の教会堂跡で、創建はオフリド湖最古級を誇る。ビザンツ皇帝ユスティヌス1世やユスティニアヌス1世の時代を裏付ける銅貨などの遺物が発掘されていることから6世紀の建設と見られている。聖堂の7つのホールそれぞれにモザイク画が見られ、キリスト教に関する絵柄のほか、鳥やウサギ・ミツバチ・草花といった自然をモチーフした作品が残されている。

北マケドニア側に位置するオフリドの聖ソフィア聖堂は第1次ブルガリア帝国時代の9世紀の創建と見られる教会堂で、現在の建物は11世紀に再建されたものだ。帝国時代はブルガリア総主教座、その後はオフリド大主教区の主教座が置かれ、ブルガリア皇帝が訪れる一帯の中心的な大聖堂だった。三廊式(凸形で中央の身廊、両側の側廊の3つの空間からなる様式)のバシリカ式教会堂(ローマ時代の集会所に起源を持つ長方形の教会堂)で、西ファサードにはふたつのドームを持つナルテックス(拝廊)が設けられている。内部には11~13世紀の見事なフレスコ画が保存されており、ビザンツ芸術の貴重な史料となっている。15世紀のオスマン帝国時代はモスクに改修され、フレスコ画は漆喰で覆われ、ドームが破壊されて代わりに北西にミナレット(礼拝を呼び掛けるための塔)が据えられた。

オフリドの聖パンティレイモン聖堂は正式には聖クリメント・パンティレイモン聖堂といい、聖クリメント修道院のカトリコンとして863年に奉献された。現在の建物は関連の史資料に基づいて2002年に再建・奉献されたもので、地下に聖クリメントの墓を収めている。周辺からは古代から近代まで数多くの遺構や遺物が発掘されており、ヘレニズム~ローマ時代の神殿跡や、初期キリスト教の教会堂や洗礼堂の遺構やモザイク画、中世の聖クリメント大学や僧院の遺構、15世紀に建造されたモスク跡などが発見されており、古代から長きにわたって聖域として祀られてきたようだ。

近郊の聖ヨヴァン・カネオ聖堂は13世紀創建と見られる小さな教会堂で、長方形のバシリカ式教会堂の中央にドームを掲げ、左右に小屋状の構造物を付属させて十字形を描いている。1964年の修復作業においてドーム内でイエスを描いた見事なフレスコ画が発見されたほか、聖母マリアや聖クリメント、聖エラスムスらのフレスコ画が残されている。

聖ナウム修道院はオフリドの南22kmほどの北マケドニア側・アルバニア国境付近に位置し、湖と深い森に囲まれている。中世にはスラヴ圏で最大の修道院であり、聖クリメント修道院と並ぶ最重要の修道院として、キリスト教の文化と宣教の中心をなした。創建は890年代と見られ、カトリコンとして僧院の中心に聖ナウム聖堂が築かれた。創設者である聖ナウムは910年にこの聖堂に埋葬されたと伝えられている。幾度もの改築や再建を経ており、現在の建物やフレスコ画は17~19世紀に再建されたものと見られている。古くからの巡礼地でもあり、イスラム教徒も含めていまなお数多くの巡礼者を迎えている。

オフリド湖の北東に位置するオフリドの歴史的街並みでは、18~19世紀のオスマン帝国後期の住宅建築がきわめて良好な状態で保存されている。迷路状の都市レイアウトや伝統的な石積み、限られたスペースを活かした高層建築、木造の出窓といった特徴的な意匠を確認することができる。

オフリド湖の北西のストルガの町にはオフリド湖から流れ出る唯一の川であるクルンドリン川が流れている。新石器時代以来の歴史を誇る古い町で、古代はウナギを意味する「エンハロン」と呼ばれていた。他にも青銅器、ヘレニズム、ローマ時代の遺跡が発掘されており、中世以降は漁港として発達し、修道院に魚を寄進していた。宗教建築には、美しいフレスコ画で知られるカリシュタ修道院や聖ジョージア聖堂、ブルガリア皇帝サムイルが戴冠したとされる聖ボゴロディカ聖堂となどがある。

■構成資産

○オフリド地域の自然遺産及び文化遺産/北マケドニア側

○オフリド地域の自然遺産及び文化遺産/アルバニア側

■顕著な普遍的価値

○登録基準(i)=人類の創造的傑作

オフリドの町はヨーロッパ最古級の人類の居住地のひとつであり、青銅器時代から中世の間に築かれた最高の保存状態を誇る考古学的遺跡と建造物群を有する。オフリドは7~19世紀の模範的な宗教建築と18~19世紀のユニークな都市構造を誇り、いずれも歴史的・建築的・文化的・芸術的に高い価値を持つ。オフリド旧市街中心部、リン半島、オフリド湖の海岸沿いと周辺地域に遺跡と都市が集中しているため湖畔風景と調和の取れたアンサンブルを構成しており、この地域の比類ない独自性を特徴付ける鍵となっている。

○登録基準(iii)=文化・文明の稀有な証拠

2,500平方m以上のフレスコ画と世界的な名声を誇る800以上のイコンに代表されるビザンツ芸術の宝庫である。特に聖ソフィア聖堂、パナギア・ペリブレプトス聖堂、聖ヨヴァン・カネオ聖堂は地元と海外の芸術家によって制作されたフレスコ画と神学的表現によって際立った芸術的成果を伝えている。古代の建築家たちは何世紀にもわたって他の教会堂のモデルとなるよう多数のすぐれた教会堂を築きつづけた。オフリド湖と周辺の教会文化が生み出したユニークな宗教建築・フレスコ画・イコンはこの地域が何世紀にもわたって宗教および文化の中心地として重要だったことを証明している。

○登録基準(iv)=人類史的に重要な建造物や景観

オフリド湖には最古のスラヴ系修道院とバルカン半島初のスラヴ系大学があり、スラヴ世界に文学・教育・文化を広めたオフリド文学学校が存在する。オフリド旧市街中心部は実にユニークな街並みで、古代の都市レイアウトを引き継ぎ、湖岸というロケーションや地形と見事に調和しており、神聖・世俗両面の際立った建築に特徴付けられている。広場・公共施設・住宅・宗教施設で構成される建築遺産のインフラはギリシア植民都市リュクドニスにさかのぼる。また、4~6世紀の初期キリスト教建築は特にオフリドの聖ソフィア聖堂とリン半島のリン聖堂に証明されている。

○登録基準(vii)=類まれな自然美

オフリド湖は氷河時代以前からの歴史を持つ最高の自然現象の表出である。隔絶された環境下で動植物のユニークな避難所となり、湖水の貧栄養状態と相まって長期にわたる生命活動の結果として多数の固有種および残存種を育んだ。底生動物を中心に200種もの固有種が生息し、17種の固有種を持つ魚類のほか、藻類・珪藻・扁形動物・カタツムリ・甲殻類・魚類などにも固有種が多く見られる。湖の湿地に集まる鳥類もその価値に大きく貢献している。

■完全性

文化遺産・自然遺産の顕著な普遍的価値を示すすべての要素が含まれており、法的に保護されている。ただ、調整されていない都市開発・人口増加・固形廃棄物の不適切な管理・観光圧力といった問題を抱えており、また交通量の急増による汚染も水質や天然資源の脅威となっている。湖の固有性や生物多様性・美観といった要素は水質の変化に対して特に脆弱で、湖の富栄養化は生態系にとってきわめて危険でその根拠もはっきりしている。湖水の貧栄養状態はオフリド湖の自然価値の基礎であり、この脅威に対する取り組みは最優先で行われなければならない。

オフリドの町の完全性は、19世紀終わりにテアトルム(ローマ劇場)から発掘された遺物を展示するために建てられた施設によって毀損された歴史を持つ。資産の全体的な一貫性、特に都市部の建物と湖の景観との関係性は、適切な保護と開発管理がなければ維持することが難しい。

オフリド湖は上流のプレスパ湖とともに生物圏保存地域(ユネスコエコパーク)として保護されているが、完全性を満たすためにIUCN(国際自然保護連合)はオフリド湖のアルバニア側を資産に含めるよう要請していた。2019年に資産の拡大が実現してオフリド湖全域が資産となり、沿岸部も資産あるいはバッファー・ゾーンとなってこの問題はクリアされた。

■真正性

オフリドの町は適切に保全されているが、ますます増加する無秩序な開発が湖岸やより広い景観のみならず、都市の建造物群の全体像に影響を与えている。これらはまた、主要なインフラ・プロジェクトやその他の開発に対して脆弱である。

オフリド周辺の宗教建築は1990年代から重要な保全修復作業が行われている。修復は建造物の徹底的な調査の下で行われていておおむね適切に進められているが、一部で真正性に対して影響が見られる。再建では基本的に建設時に使用されたものと同じ素材が用いられるが、新素材が適用されることもあり、こちらも真正性に対する脅威となっている。教会堂内部のイコンとフレスコ画については良好な状態にあり、適切に管理されている。

リン教会と周辺の建造物群は保護の欠如や不適切な修復・開発に対してきわめて脆弱である。湖の西側ではリン半島に設定されたバッファー・ゾーンが適切な保護と開発管理の欠如の結果として効果を発揮しない可能性がある。

■関連サイト

■関連記事