シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群

Struve Geodetic Arc

  • ウクライナ/エストニア/スウェーデン/ノルウェー/フィンランド/ベラルーシ/モルドバ/ラトビア/リトアニア/ロシア
  • 登録年:2005年
  • 登録基準:文化遺産(ii)(iv)(vi)
  • 資産面積:0.6ha
  • バッファー・ゾーン:11ha
世界遺産「シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群」、エストニア・ドルパットのタルトゥ旧天文台
世界遺産「シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群」、エストニア・ドルパットのタルトゥ旧天文台
世界遺産「シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群」、フィンランド・トルニオのアラトルニオ教会
世界遺産「シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群」、フィンランド・トルニオのアラトルニオ教会
世界遺産「シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群」、ウクライナ・グヴァルデイスコエのフェルシュティンの測地点
世界遺産「シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群」、ウクライナ・グヴァルデイスコエのフェルシュティンの測地点 (C) Volodymyr D-k
世界遺産「シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群」、ノルウェー・ハンメルフェストのフューグレネスの測地点
世界遺産「シュトゥルーヴェの三角点アーチ観測地点群」、ノルウェー・ハンメルフェストのフューグレネスの測地点 (C) Mikkoau

世界遺産概要

ドイツ出身のロシア人天文学者フリードリヒ・ゲオルグ・ヴィルヘルム・フォン・シュトゥルーヴェが行った子午線弧(経線の弧)を測るための三角測量の測地点を登録した世界遺産。構成資産は10か国34か所に及び、これらの測地点を結ぶ弧は世界遺産の英語名でもある「シュトゥルーヴェ・ジオデティック・アーチ "Struve Geodetic Arc"」と呼ばれている。

○資産の歴史

紀元前500年頃から地球球体説が唱えられており、紀元前3世紀にはエジプトのギリシア人エラトステネスが異なる場所の太陽の高度の違いを利用して子午線弧を測定して地球の円周を概算したが、正確なものではなかった。16世紀に三角測量(1辺の長さと2か所の角度から三角形の頂点までの距離を測る方法)が確立され、17世紀に測定機器が発達すると正確な距離の測定が可能になり、各地で国や地域の長さが測定された。この過程で地球が完全な球体ではないことが明らかになった。

1814~15年に開催されたナポレオン戦争後のウィーン会議で各国の国境が再定義され、より詳細な測定が必要になった。地球の測定技術は政治的・軍事的に大きな意味を持つため、ロシア帝国ロマノフ朝の皇帝アレクサンドル1世はシュトゥルーヴェに円周の測定を依頼。シュトゥルーヴェはリトアニアでカール・テナーがすでに測定していた弧を延長し、自身が働いていたドルパット大学(現・タルトゥ大学)のタルトゥ天文台(現・タルトゥ旧天文台)を通る子午線弧を測定することを決定した。ただ、数多くの国境を越えるため各国の合意が必要で、科学技術の発展の名の下に国家・君主・科学者間で合意が進められ、国際協力が実現した。

1816~55年にかけてシュトゥルーヴェは弟子たちとともにノルウェーのハンメルフェスト近郊のフグレネスから黒海沿岸のイスマイル近郊のスタロ・ネクラソフカまで2,820kmにわたる265の測地点を258の三角形で結んで測定を行った。これにより地球の赤道半径を6,378,360.7m(現在の推定値は約6,378,137±1m)と推定するなど正確な地球のサイズと形状が明らかになり、地球科学や地形学に重要なステップを刻んだ。

○資産の内容

世界遺産の構成資産は現存する34の測地点で、石やレンガにマークを打ったものや、記念碑を置いた程度のシンプルなものが大半を占めている。

そんな中で1810年創立のタルトゥ旧天文台はシュトゥルーヴェが1813年に赴任した場所であり、こと座のベガまでの距離を測量するなど数々の成果を挙げ、1820年には所長に就任している。シュトゥルーヴェ・ジオデティック・アーチも成果のひとつで、1816年にこの地で1箇所目の測量を行った。

建物としては他にフィンランドのトルニオのアラトルニオ教会がある。バルト海の奥、ボスニア湾最奥部のトルネ川河口付近に位置する新古典主義様式の教会堂で、シュトゥルーヴェは1842年に教会堂の時計塔で測量を行った。

■構成資産

  1. FUGLENAES Fuglenes ( ノルウェー )
  2. LILLE-REIPAS Raipas ( ノルウェー )
  3. LOHDIZHJOKKI Luvdiidcohkka ( ノルウェー )
  4. BÄLJATZ-VAARA Baelljasvarri ( ノルウェー )
  5. PAJTAS-VAARA Tynnyrilaki ( スウェーデン )
  6. KERROJUPUKKA Jupukka ( スウェーデン )
  7. PULLINKI Pullinki ( スウェーデン )
  8. PERRA-VAARA Perävaara ( スウェーデン )
  9. STUOR-OIVI Stuorrahanoaivi ( フィンランド )
  10. AVASAKSA Aavasaksa ( フィンランド )
  11. TORNEA Alatornion kirkko ( フィンランド )
  12. PUOLAKKA Oravivuori ( フィンランド )
  13. PORLOM II Tornikallio ( フィンランド )
  14. SVARTVIRA Mustaviiri ( フィンランド )
  15. MÄKI-PÄÄLYS Mäkipällys ( ロシア )
  16. HOGLAND, Z Gogland, Tochka Z ( ロシア )
  17. WOIBIFER Võivere ( エストニア )
  18. KATKO Simuna ( エストニア )
  19. DORPAT Tartu Observatory (ドルパットのタルトゥ天文台)( エストニア )
  20. SESTU-KALNS Ziestu ( ラトビア )
  21. JACOBSTADT Jekabpils ( ラトビア )
  22. KARISCHKI Gireišiai ( リトアニア )
  23. MESCHKANZI Meškonys ( リトアニア )
  24. BERESNÄKI Paliepiukai ( リトアニア )
  25. TUPISCHKI Tupishki ( ベラルーシ )
  26. LOPATI Lopaty ( ベラルーシ )
  27. OSSOWNITZA Ossovnitsa ( ベラルーシ )
  28. TCHEKUTSK Chekutsk ( ベラルーシ )
  29. LESKOWITSCHI Leskovichi ( ベラルーシ )
  30. RUDY Rudi ( モルドバ )
  31. KATERINOWKA Katerinowka ( ウクライナ )
  32. FELSCHTIN Felschtin ( ウクライナ )
  33. BARANOWKA Baranowka ( ウクライナ )
  34. STARO-NEKRASSOWKA Stara Nekrasivka ( ウクライナ )

■顕著な普遍的価値

○登録基準(ii)=重要な文化交流の跡

きわめて長距離にわたる子午線弧の画期的な測量であり、世界の正確なサイズと形状を明らかにして地球科学の発展に重要なステップを刻んだ科学的成果を記録する記念碑群である。また、動乱の時代にあって多くの国の協力が実現した人間の価値の交流の並外れた記念碑群でもある。

○登録基準(iv)=人類史的に重要な建造物や景観

シュトゥルーヴェ・ジオデティック・アーチは科学技術に関する傑出した建造物群であり、子午線弧の三角測量の測地点を示す測量技術の不動で有形な遺産である。

○登録基準(vi)=価値ある出来事や伝統関連の遺産

シュトゥルーヴェ・ジオデティック・アーチの測量とその結果は人間が世界に対して持つ探究心の表れであり、地球の形状と大きさについて回答するものである。地球は正確な球体ではないというアイザック・ニュートンの理論とも一致し、地球科学の歴史に新たなページを切り拓いた。

■完全性

シュトゥルーヴェ・ジオデティック・アーチに関して顕著な普遍的価値を持つ資産はすべて登録され、法的保護を受けており、バッファー・ゾーンも設定されている。現在でもすべての構成資産は測地基準ネットワークに属しており、機能を保っている。資産の保護は各国が行うが、10か国を統括する調整委員会が管理しており、合意された国際管理メカニズムに従って運営されている。

■真正性

それぞれの構成資産は現在でも技術的・科学的な特性と重要性を持っており、位置は維持され、記念碑的な建造物以外に大きな変更は加えられていない。

■関連サイト

■関連記事